スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カナダでの音楽生活はこのようにして始まった

6ヶ月間ともに過ごしたヴァイオリン、Alegria。出会ったのは1月です。過去の話をですます調で語るとどうも気持ち悪くなってしまうので物語調でいきます。


留学の際、ヴァイオリンを持っていくかどうかは大きな選択だった。長年やってきた楽器を一年丸々弾かないのはどうなのか、向こうで印象的にも色々と良いのでは、と色々考えたのだが結果的に荷物になりすぎるという理由で持っていかないことになった。最初の数カ月は色々と言語や学校のことで忙しく、とくにバイオリンのことは頭の中にはなかった。

1月、留学の半分程が過ぎたころ。ある雪の日にホストマザーと散歩に出かけた。寒いのに散歩に行く理由が見えず、全く乗り気ではなかったのを覚えているが、あまり外出もしていなかったためついて行くことにした。全てが、この雪の日に、始まった。

散歩を終えて散歩道から車のほうに戻る際、他の散歩組と出会った。この町は人口9000人の小さな町のため道行く人は皆知り合いのようなもの。井戸端会議のように道端で会話が始まる。歩いてきたのは女性の二人組で、そのうち一人はTJと名乗る女性だった。会話の途中にホストマザーがあることを聞いた。まだバイオリンをやっているの?と。TJと名乗る女性は4年ほど前からバイオリンを始めたらしい。いわゆる大人からバイオリンをやり始めた人のようだった。話が進み、ホストマザーが私もバイオリンを弾く、しかし手持ちのバイオリンはないからその時は弾いていないと紹介した。するとTJが言った。バイオリンが弾けるのならオーケストラに入りなさい!私の家に弾き手がいなくなって使われなくなったバイオリンが一丁あるから、と。その瞬間から、私のカナダでの音楽人生は、始まった。

翌週の火曜日、週に一回のオーケストラの練習に初参加した。TJ曰くクリスマス公演を終えたばかりだから新しい曲の練習に丁度入ったところだそうだ。地域オーケストラという響きから私は少し緊張していた。のだめで見るようなオーケストラを想像し、自分の技術で入れるのかと心配だった。その時、私は人口9000人のカナダの田舎町にいるという事実を完全に忘れていた。練習場所の小学校の体育館につき、ドアを開けて入って最初に思ったことがある。若い人が、見あたらない。コントラバスの男性はどう見ても80代だった。レベルだとか技術だとか、そういうのは全て杞憂だったと気が付いた。楽譜をその場でもらい、完全に初見で合わせる。第二バイオリンの楽譜だったため初見でもほぼ問題なく弾けた。ただ弾いてる途中に妙に気になることがあった。他の第二バイオリンの音が全く聞こえてこない。決して私の音が大きいわけでもなく、大きな音が出せるバイオリンを使ってるわけでもないのに聞こえてこない。後ろに5~6人いるのに聞こえない理由は一つしかなかった。弾けてないからだ。

初練習を終え、分かったことがいくつもあった。まず、オーケストラ、とくに弦楽器組のレベルは全体的に見て高くない。学生でオーケストラに参加しているのは、ざっと見て3人程度。私のバイオリン技術は上から3番目くらいだということ。コンサートマスターと、バイオリン教師の二人は素晴らしい技術を持っていた。こうして初練習も無事に終わり、コンサートまでずっと第二バイオリンを私が引っ張り上げていく形となった。


以上のような感じでAlegriaと出会い、6か月ほど過ごしました。AlegriaはTJのバイオリンですからもう二度と弾くことはありませんが、おかげで色々な経験ができて楽しかったです。以下写真たちです。
DSC06094.jpg

DSC06089.jpg

DSC06095.jpg

DSC06087.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/06/29(月) 19:00:00|
  2. ヴァイオリン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Borderland Community Orchestra 2009

6月2,3,4日にコンサート予定のBorderland Community Orchestra。私はちょこっと練習が足りない第二ヴァイオリンを補う感じでがんばっています。ここ数ヶ月練習してきた曲たちを紹介したいと思います。

Night on Bald Mountain, Mussorgsky


Symphony No. 5, Shostakovich


La Vie Pariseinne


Irish Legend


このほかにもナルニア国物語とMusic From Pride And Prejudiceがあります。一番のお気に入りはダントツでIrish Legendです。初めて弾いたときにその音色の美しさに泣きそうになったくらいです。
公演成功を願います。ではまた。
  1. 2009/05/08(金) 19:00:00|
  2. ヴァイオリン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ついに終了。ありがとう。「AIDA」

DSC05986.jpg
以前こちらの記事で紹介したミュージカル「AIDA」。先週の水曜日から土曜日までの四日間の公演がついに終わってしまいました。本当に参加できて心から嬉しかった。ありがとう。

きっかけ
3月3日火曜日。いつも通りにオーケストラの練習に行った夜のこと。オーケストラの担当者のKatherineが私のMusicクラス教師かつオーケストラでトロンボーンを吹いているMr.Duttonと何やら学校の演劇の話をしていました。Katherineはその演劇「AIDA」のオーケストラでヴァイオリンを弾いているらしい。そして、一緒に演劇のオーケストラで弾かない?と。

顔合わせ
毎週日曜日の夕方、学校での練習に参加し始めました。まずは楽譜の多さに驚き。ミュージカルなのだから当たり前ですが、20曲以上あります。弾きこなせるか心配でしたが、難しいのはせいぜい1,2曲だったので安心。大きいオーケストラだと思っていたところが、行ってみるとヴァイオリンが二人、チェロが一人、ギター&ベースが3人、ピアノ&キーボードが3人、アルトフルートとフルートが1人ずつ、アルトサックスが一人、そしてドラムスとティンパニーが一人ずつに指揮者のMr.Duttonというずいぶんと小さなオケでした。

本番一週間前
初めてオケと歌を一緒に練習。AIDAのメイン人物三人であるアイーダ、ラダメス、アムネリスとオケが一緒に練習。皆素晴らしい歌唱力。

本番3日前
オケと劇が初めて一緒に練習。オケは練習場所の音楽部屋からステージ下に移動しました。よくあんな小さいところに皆入れたなぁ・・・

ドレスリハーサル
衣装付きの完全通しリハを2回。2回だけで十分なのかと思いましたが、杞憂だったのかもしれません。このときにやっとAIDAのストーリーを理解。悲しいお話です。

本番
水曜。公演1日目です。客は劇場半分ほどでしょうか。完璧とは言えない公演。明日以降へ向けてのドレスリハな気分がしました。
木曜。公演2日目。素晴らしい。客席は8-9割ほど。かなりよかったと思います。
金曜日。公演3日目。劇場満員チケット完売。劇場の温度が昨日よりも高かった気がします。DVD用の撮影日でもあったために緊張感は高め。少しセリフミスがありましたが、それでも素晴らしかった。
土曜日。公演最終日。おそらく満員。アムネリス役の子が喉の使い過ぎで声がずいぶん枯れてきていてかなりつらそうでした。それはしょうがない。4日連続であれほど歌える人なんてなかなかいません。最後の曲を弾いてるときに、ああもう終わりなのか、もう弾けなくなってしまうのか。そんな感情に包まれながら観客総立ち拍手喝采の中すべての曲を弾き終えました。

その後
キャストの写真撮影、ピザパーティー、そのあとに夜中の3時ほどまで別の建物に移動して打ち上げ。本当にすべてが楽しかった。誘ってくれたKatherine、劇の皆、オケの皆、そしてMr.Dutton、ありがとう。Mr.Duttonよ、あなたは最高の先生だ。

以下、写真たち。

キャストの皆。
DSC05994.jpg
こんなとこで弾いてました。
DSC05998.jpg
簡単なのにテンポチェンジでついていけなかったOverture。
DSC05991.jpg
まさかの72小節休み。
DSC05988.jpg
これにどれだけ練習を費やしたか・・・
DSC05987.jpg
East Indian Dance。弾いてみるとあぁそんな感じがするなぁ、って思います。
DSC05989.jpg
  1. 2009/05/04(月) 04:11:05|
  2. ヴァイオリン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チャルダッシュ猛練習中!

czardas.jpg
以前にこちらの記事で紹介したMontiのチャルダッシュですが、昨日ふと弾いてみようと思い、ネットで楽譜を検索したところ簡単に見つかりました。多くの楽譜は100年以上前のものなどが多いため、著作権が無効になっていて沢山ネット上で見つけることができるため非常に便利です。

チャルダッシュの楽譜はこちら


感想
とりあえず弾いてみて思ったことは、、、案外難しくない!ということ。動画で見たときはこんなん弾けるようになるまでどれくらいかかるのだろうか・・・と思ったんですけど実際弾いてみると自然に指はまわるわ弓は走るわで楽しく通して弾くことができました。まだまだ速度や感情のつけ方、テクニックなどに問題はありますが、フラジオの部分以外を通して弾けることができただけでもうれしいです。

Largo
まず初めのLargoの部分。ずっとG線しか使いません。あえてD線に移動せずずっとG線で第5ポジションあたりにグンと上って行くのがたまらなく快感ですね。そのあとからは気持ちよーくE線まで駆け上がるのもまた気持ちがいいです。Largoの部分はAllegro vivo二小節前以外は基本スムーズに行けますね。

Allegro vivo
軽快さが素晴らしすぎる。今は120くらいのテンポで弾けるんですがまだまだ遅い。でも早くすると指が回らなくなって悲しくなります。小指が早く回りません。まだまだ練習が必要。まあそれ以前にソーティエできないんですが。ボーイング技術がなさすぎる・・・。

Molto meno
美しい。二十三重ときて四重音まで出てきますが、難易度は低いので結構簡単にいけます。感情がどれくらいつけれるかが大事でしょうか。

Meno, quasi lento
全く弾けません。泣きたいくらいできません。フラジオトレットなんてできません。どうやるんですか。誰か教えてください・・・。せっかくの美しい音色達が・・・・

Allegro vivace以降
またテンポが早くなります。練習あるのみですね。指の動きそのものは簡単ですが、早さとソーティエがやはり問題ですね。

思ったこと
自分の思っているバイオリン技術と、実際の自分のバイオリン技術にずいぶん差があることに気が付きました。こんなん弾けるわけないと思っていた曲が思っていたよりも身近にありました。知らないうちに技術というのは上達しているものですね。自分に驚き。これからも日々上達を目指します。
  1. 2009/04/26(日) 02:19:22|
  2. ヴァイオリン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビブラートと友達になろう

私のヴァイオリンの弱点はいくつもありますが、その中でも一番問題なのがビブラートです。いや、弱点でした、といったほうが正しいかもしれません。そんなビブラートの練習について。

自己流だったビブラート

私はヴィブラートを本格的に人から習ったことはありません。というのは、ヴァイオリン教室をやめたタイミングがヴィブラートの練習をしっかり終える前だったからです。その上当時の私はヴィブラートなど適当に指をウニョウニョやっておけばいいんだーという心構えだったため、たいした練習を自分からすることもなく、見真似で指をウニョウニョ動かすというのを先月までやっていました。しかし、どう見ても自分のビブラートが下手なのに気づきました。ということでネットで探したビブラート講座です。これが第1回で、第8回まであります。




講座はひとつで十分

ネットにビブラート講座なんていくらでもあります。たぶん100個以上あるでしょう。でも一番のを探す必要なんてないです。ひとつみつけてしっかり練習すればそれでいいんです。参考書は一冊だけ買ってそれを何回もやりなおすほうがいいのと同じです。ついでにいうと一回見ればもう見なくてもいいです。あと、この講座は当然ですが全部英語です。

大事なことは3つ

・ビブラートとは弦の上を半音下に、スライドするのではなく転がること。
・リストビブラートとアームビブラートの違いを理解する。
・指の筋肉はビブラートの動きを覚える必要がある

正直この程度のことさえわかってればいいんじゃないでしょうか。ビブラートをするさいは、指をスライドさせずに手首あるいは肘を動かすことにより指が弦の上を転がる。その動きは本来の指の動きではないので指の筋肉に動きを覚えさせるトレーニングをまずする必要がある。その程度です。

実際の効果はすぐに出た

本格的にビブラートの練習をし始めたたった二日後に人差し指のビブラートがずいぶんと簡単にできるようになりました。今までは正直言って人差し指動かなかったんですが。小指もビブラートが聞き取れるくらいになり、中指と薬指はもうほぼ問題ないくらいです。もともと自己流でやってたため覚えが早いのは当然ですか、ビブラートはしっかり練習すれば必ずうまくなるというのは間違いないですね。ビブラートが苦手な方はしっかり練習しましょう。帰国までにマスター!
  1. 2009/04/24(金) 19:00:00|
  2. ヴァイオリン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

即興演奏との出会いは確実に音楽の考え方を変えたと思う

今日、ちょっとしたきっかけで私の音楽の世界にずいぶんと大きい変化が生まれました。即興演奏との出会いについて。

きっかけは友達

今日、友達が家に遊びに来たんです。家にはホストブラザーのギターがあって、友達はギターが上手いんで借りて私の部屋で弾いていました。彼の非常に上手い演奏を聴いてると、ヴァイオリンで同じことをしたくなってきて、彼が弾いたのと同じのを私がヴァイオリンで弾く、というのをいくらかやっていました。そしてそのあと、Improvisation、すなわち即興演奏をしよう、という流れになりました。

Improvisationとは

Improvisation、即興演奏(インプロ)とは文字通り即興で演奏すること。つまり楽譜などの弾くもととなるものを使用せず、その場で一瞬で曲を作って弾くのが即興演奏です。

即興演奏の面白さ

即興演奏の魅力は、何よりその面白さなんです。今日初めてやったんですが、本当に面白い。何が面白いかって、まず楽譜がないから、自分で曲を作るんです。何を弾けばわからない、ではなく、何を弾いてもいいってことなんです。楽譜という一つのものに縛られず、自分の弾きたいようにいくらでも曲を作って弾ける、それが即興演奏の魅力で、私を虜にしました。

実際にやること

即興演奏は何でも弾いていいと思いますが、ギターの彼と一緒に弾いているわけですから、合わせる必要があります。私はまだインプロに関しては初心者なので、あまり大きい動きの曲はわかりません。とりあえずギターの音と同じ音をメインにインプロを少しずつ試しずつひろげて行く、そんな感じでやりました。具体的に言うと、彼がDコードを弾いているときは、私がDの音を中心にインプロをしていく、そんな感じです。

新しい窓

このインプロと出会ったことにより、今までになかった音楽の窓から音楽の世界をみれるようになりました。こんなにヴァイオリンを弾いていましたが、インプロなんて考えたこともありませんでした。彼は一時間以上友達とずっとギター同士でインプロをやっていることもあるそうです。私もインプロを練習して、彼をまた合わせたいと思います。



こんな風に美しいインプロがしたい・・・
  1. 2009/03/14(土) 17:49:20|
  2. ヴァイオリン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミュージカル「アイーダ」でヴァイオリンを弾いています

現在、私は留学先の高校が4月末からの発表に向け練習しているミュージカル、アイーダのオーケストラに参加しており、その中でヴァイオリンを弾いています。
オーケストラといっても非常に小さいもので、ヴァイオリンが私を含め二人、金管が3人ほど、チェロが一人、ヴィオラが一人、加えてベース、ドラム、ピアノ、キーボード、etcが一人ずつというような感じです。

アイーダのあらすじ

舞台は古代エジプトの首都メンフィス。
敵国エチオピアの王女アイーダは身分を隠し、エジプト王女アムネリスの奴隷として身の回りの世話をしていました。そんなアイーダは、エジプトの将軍ラダメスと愛し合う仲となります。
エジプトの敵国王女アイーダとエジプト将軍ラダメスの壮大なるラブストーリー。
それが劇「アイーダ」です。

劇団四季の紹介PVです。


英語と日本語

動画の2分目あたりからの「あなた達の望みは今私を変えた弱さをふりすてようと~~~今~~~」というところはThe Dance of Robeという二番目に有名と思われる曲の日本語歌詞で、英語だと"I know expectations are wild and almost beyond my fullfillment, but they won't hear a word of a doubt or see signs of a weakness. My nigh on impossible duty is clear: If I can rekindle my ancestor's dreams, It's enough."という歌詞なんですが、どうも英語の劇を日本語でやるとイメージが合わないんですよね・・・しょうがないと言えばしょうがないですが、やっぱり英語で作られたものは英語で聞くのがが一番です。

凱旋行進曲

アイーダで一番世間に知られている曲はこの凱旋行進曲でしょう。エチオピア軍に勝利したエジプト軍のラダメス将軍が軍勢を率いて凱旋するシーン(第2幕)で登場します。サッカーなどで耳にしますね。


♭が5つ・・・

この曲、アイーダの音楽の中で個人的に一番難しくてちゃんと弾けるようになるか少し心配です。何か大変かって変ニ長調(ト音記号の横に♭が5つあるやつです)でずいぶんスピードがあるので、曲自体は簡単なんですが♭をずいぶんつけ忘れるんです。♭も♯も5個以上は得意じゃないですね・・・

まだ発表まで二ヶ月弱ありますので、しっかり練習したいと思います。
日本では今は公開していないみたいですが、一度しっかり観てみたいですね。
  1. 2009/03/13(金) 19:00:00|
  2. ヴァイオリン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

このブログについて

Mit

Author:Mit
Mitの成長録では、パルクールをやる人への少しでも役に立つ情報と、自身の成長録、個人的な旅行記、思ったことなどを書いています。
English
管理人プロフィール
gmail1.png


Sapporo Parkour Post 札幌のパルクール情報総合サイト

おすすめ記事

最新記事

カテゴリ

プロフィール (2)
日記 (48)
パルクール日記 (25)
パルクールとは (2)
個人・チーム動画 (35)
PKRoll (1)
Precision (1)
Wall Run (1)
UnderBar (1)
基礎トレーニング (16)
動画・チーム紹介 (20)
パルクールサイト (2)
パルクール映画 (3)
パルクールゲーム (5)
パルクール番組 (3)
パルクールグッズ (5)
パルクールニュース (4)
パルクール本・雑誌 (2)
パルクールマップ (2)
コラム (23)
告知・イベント紹介 (71)
教室・ワークショップ (3)
練習会 (59)
知っておくべきこと (9)
A.D.A.P.Tとは? (3)
音楽 (13)
音楽動画 (1)
クラリネット (2)
ヴァイオリン (7)
テニス (1)
ブレイクダンス (1)
旅行記 (3)
ジャグリング (1)
English (1)
未分類 (0)

RSS

Googleでこのブログを検索する

Web検索 ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

お問い合わせ

ご意見、ご感想、質問などがありましたら気軽にこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。