スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

A.D.A.P.T 講師になるには?

CropperCapture[42]


この記事は
A.D.A.P.T資格とは?
A.D.A.P.T資格とは?(その2)
の続きです。

ADAPT講師になるためには?

ADAPT資格を認可されて提携パルクール講師になるには次のプロセスを踏まなければなりません。

・Parkour Generationsに連絡して申込を登録

ADAPT資格に求められている経験と技術を満たしていると確信したら、ParkourGenerationsに連絡をとり、パルクール講師になるのに興味があると教えてください。そうすれば私たちから次の参加可能なテストコース(Assessment Course)についてと、そのようなコースを予約するのに必要な情報、物を教えます。また、ADAPT資格プログラムに応募するには、参加者は2年以上定期的、徹底的なトレーニングをしている必要があります。

・最低一つのTeacher Training Courseに参加すること

ADAPT資格に挑戦する前に、最低一つのTeacher Training Courseに参加してください。そうすれば私たちはあなたがADAPT資格プログラムに挑戦するのに準備ができているかどうかを判断することができます。もし準備ができていると判断されれば、ADAPT資格に挑戦してください。定期的に私たちの教室に参加することは、私たちがあなたがADAPT資格に対して用意できているかどうかを確かめる方法にもなるのです。

また、参加者に、ADAPT補助講師(ADAPTレベル1)による実際の教室の様子を最低10時間記録することを進めます。このことは参加者が、テストコースの中における教える段階を合格する可能性を大いにあげることになります。

・テストを受ける

テストコースを受けることがADAPT資格を得る唯一の方法です。テストは厳格で、身体的に過酷なものです。テストコースを終えると、合格したかどうかを伝えられます。もし合格できなかった場合は、基準に満たなかった部分を伸ばすために十分にトレーニングし直した後、再試験を4カ月以内に受けることができます。もし再試験にも合格することができなかった場合は、別のTeacher Training Courseに参加しなければならず、再試験を受けれるようになるまでに6ヶ月以上待たなければなりません。また参加者は18歳以上でなければなりません。

ADAPT講師レベル1:アシスタントコーチ

レベル1のADAPT講師(以下アシスタントコーチ)は、レベル2以上のADAPT講師によって行われるクラスを補佐することができます。アシスタントコーチに単独でパルクールクラスを行う資格はありません。アシスタントコーチは、パルクールの基礎的な本質と運動を安全かつ正確に教えることを補佐でき、同様にパルクールの精神とトレーニングへの正しいアプローチを伝えることが求められます。この資格はADAPT講師資格の第一段階であり、優れた指導環境のもとでの補佐を通して、続くレベル2のADAPT講師になるための経験を積んで自身をつけることができます。

アシスタントコーチになるためには、志願者はADAPTレベル1:アシスタントコーチコースに参加しなければなりません。志願者は最新の完璧な前科の調査結果(CRB check)がなければなりません。義務ではありませんが、可能な限りまずはレベル3のADAPT講師と共に、Teacher Training Courrseに参加することをお勧めします。その後、志願者は空いているテストコースに予約を入れることになるでしょう。

テストコースを受けることが認められたら、志願者はテストの内容と、レベル1のテストコースに合格するのに必要な点数の基準の大要が書かれた必要な書類と受け取ることになります。

アシスタントコーチは以下の分野において十分な知識を持っていなければなりません。

・パルクールの定義、歴史、本質
・パルクールの用語
・パルクールの技術
・身体の扱い方:ストレッチ、準備、維持
・指導技術と最善のトレーニング基準の認識
・基本的な怪我の応急処置とリハビリの知識
・閲覧可能な情報元

志願者はテストコースをやり遂げなければなりません。テストコースには技術テスト、記述テストがあり、さらにその後、最低10回以上必要な、パルクールセッションにおける指導の様子を記録し始めることができます。最後にさらに2つの指導テストがあり、志願者がそこで合格すれば、ADAPTレベル1資格を受け取ることになります。

ADAPT講師レベル2:インストラクター

レベル2のADAPT講師資格は、パルクール教室及び個人レッスンを問わず、パルクールの根本的な本質や方法、動作を監督なしで教える者が持っていなければならな標準的な資格です。レベル2のADAPT講師は、パルクールを学びたいと願う全ての者に、いかなる状況においてもその基本を教えることができます。

レベル2の講師はパルクールの全ての局面において十分な能力を持っており、パルクールに関する全ての基礎的な動きと本質を実演して教えることができなければなりません。

レベル2の講師になるには、志願者は最低5年以上一貫して定期的にトレーニングをしていなければなりません。志願者は最新の完璧な前科の調査結果(CRB check)がなければなりません。参加者はレベル1ADAPT講師資格に必要な基準を全て満たし、最低1回のTeacher Training Courseにレベル3ADAPT講師と共に参加しなければなりません。そしてその講師のもとでテストを受けることを勧めます。参加者は最低40時間以上のちゃんとしたコーチングをいくつかの異なった状況で記録していなければなりません。その後、志願者は空いているテストコースに予約を入れることになるでしょう。

テストコースを受けることが認められたら、志願者はテストの内容と、レベル2のテストコースに合格するのに必要な点数の基準の大要が書かれた必要な書類と受け取ることになります。



以上でA.D.A.P.Tに関する記事は終了です。日本でもこれからADAPT資格をとる人は増えてくると思います。そんな人にこの記事が少しでも役に立てば何よりです。では。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/05(火) 22:18:03|
  2. A.D.A.P.Tとは?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

A.D.A.P.T 資格とは?(その2)

CropperCapture[42]

この記事はA.D.A.P.T資格とは?の続きです。日本と英国の違いなども目立ちますが、こんなもんなんだ、といった感じで読んでみてください。誤訳があったらこっそり指摘してもらえると助かります。

ADAPT講師に求められるもの

ADAPT資格は、パルクール教室及び個人レッスンを問わず、パルクールの根本的な本質や方法、動作を教える者が持っていなければならな標準的な資格です。

ADAPT講師はパルクールの全ての面において幅広い知識や経験を持ち、有能でなければなりません。強靭で忍耐強く、健康で、全ての分野において専門的に精通していなければなりません。またADAPT講師は計画があってもなくてもパルクール教室を指導できることができ、解剖学や生理学についての基礎に精通していなければなりません。トレーニングセッションに向けての十分なウォームアップを指導する能力は必要不可欠であり、加えてADAPT講師は、トレーサーに必要とされる心身の性質をいかに育むかという十分な知識も持っていなければなりません。

ADAPT講師は同様に、トレーニングを維持するために必要不可欠なサポートとして、バランスのとれた健康な食事の必要性と十分な栄養をとることの大切さを理解していなければなりません。

ADAPT講師は常に自己改善の願望と自己鍛錬を見せ、定期的に練習して個々の性格の強さを示さなければなりません。優れた技術を見せ、身体的に強いだけでは不十分なのです。ADAPT志願者も同様に有能かつ献身的な講師でなければなりません。すなわち、学ぼうとする者が親しみやすく、親切で常に生徒達に対して礼儀正しく、丁重かつ気配りができなければならないのです。

ADAPT資格を得た後は、Parkour GenerationsやMajestic Forceの監督によりその質を保つこととなり、ADAPTレベル3の講師陣とともに毎年最低2つの"top-up"トレーニングコースに参加しなければなりません。レベル3の講師陣は、提携パルクール講師が教えている教室を訪れ、指導の質や一貫性を調べることがあります。

まとめると、ADAPT講師に求められるのは以下の十分な知識です。

・技術
・身体のコンディションを整えるための運動
・指導とコミュニケーションのスキル
・トレーニング前のウォームアップとクールダウンの方法
・基本的な解剖学及び生理学
・健康な食事とはなにか
・怪我の予防と応急処置


ADAPTセッションの基準

全ての講師はいかなるセッションで指導するときも、ADAPTの基準をのっとり、満たさなければなりません。全てのクラスは生徒達に適合していて、できるだけ生徒たちにとって魅力的で楽しめるものでなければなりません。またクラスは生徒が中心であるべきです。つまり、講師による必要なデモンストレーションの後、生徒達にとって最もためになるのに必要な分だけ、動きを練習するような形であるべきです。

最低限のADAPTセッションの基準は以下のことです。

・セッションの構成
それぞれのセッションはウォームアップ、クールダウン及びに参加者の経験に応じた内容のトレーニングから成っているべきです。健康と安全の指針は常に守られなければなりません。セッションの時間は、常に良いリズムを保ち、最高の練習を教えるためにも、適切な長さであるべきです。全ての生徒が運動しなければなりません。

・クラスマネージメント
講師は、クラスの最中は常に指導的立場を保たなければならず、決してその立場を非公認の個人に委任してはなりません。クラスの中にしつこく混乱を起こすような生徒がいた場合には、その生徒をクラスに参加させないべきです。

・教える人数
ADAPTセッションは1人の講師に対して最大8人の生徒で屋外にて、また1人から15人の生徒で、設備と安全な用具を使うことに出来る屋内環境にて行われます。

・危険度調査
講師は全てのセッションの前に危険度調査を行い、セッション中も常に危機管理をし続けなければなりません。

・子供の安全
講師はADAPTプログラムの子供保護方針に述べられている全ての手段を理解し、与えなければなりません。これには正当な手続きを踏んだ前科の調査結果(CRB check)を持っていること、必要ならば親の同意があること、十分な質の監視をすることが含まれています。


続き:A.D.A.P.T講師になるには?
  1. 2011/03/21(月) 22:53:35|
  2. A.D.A.P.Tとは?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A.D.A.P.T 資格とは?

CropperCapture[42]

勝手ながら、Parkour GenerationsのADAPT資格に関するページを翻訳してみました。結構分かりにくいところもありますが、それぞれの解釈をしてみてください。

はじめに

A.D.A.P.T資格プログラムは、Pakour UKによって運営及び認可され、Parkour Generations及びMajestic Forceによって行われている講師資格です。

このプログラムは、パルクール・ADD教育における基準を与えるものであり、ヨーロッパ全土で全国職業資格(*1)として認められています。ADAPTはパルクール・ADDのトレーニング(*2)の創設者の多くにより、長年を経て作り上げられました。

ADAPT資格を手に入れることは、パルクール生誕の地であるパリのLisses出身のトレーサーや、ヤマカシといった世界で最前線に立っている実践者によってパルクール・ADDのトレーニングを教えることを認められる、ということを意味します。


パルクール・ADDとは

このトレーニングを指した初めての言葉は、1980年代にフランスで生まれた、Art du Deplacementです。もっとも分かりやすく英語でいうならば、Art of Movementです。時が過ぎていくにつれ、他の名前も使われるようになりました。フランス語で道や過程を意味するparcoursから派生したParkourや後に呼ばれるFreerunningです。しかしながら、今日もその核心を保ち続けているトレーニングの方法や精神に比べれば、名前は重要ではありません。簡便のため、ここではこのトレーニングをParkour、パルクールと呼ぶことにします。

パルクールにおいて重要なのは、動くのにに必要な基礎的な性質、つまりバランス、強靭さ、活力、忍耐、正確さ、空間認識能力や創造的な見方を習得することです。パルクールは、身体的範囲のなかで、できるだけ機能的、効果的かつ開放されるために、身体と精神を鍛える方法であり、かつ厳格な自己鍛錬と自主行動、我意に基づく考え方であります。

しかしながら、この簡単な説明以上に、パルクールとは全ての段階における自己改善の訓練であり、実践者に自分自身の身体的、精神的限界を明らかにすると同時にそれらを乗り越える方法を教えてくれる技術なのです。

パルクールを実践する目的は次のようになります。独立し、身体的に有能であること。元気で、強靭で、健康であること。正直で、誠実であること。鍛え上げられること。集中すること。創造的で、常に他人に手を差し伸べること。

ADAPTを習得するには

志願者は試験を通してパルクールに関する全てのことを徹底的に質問されます。その試験の全ての部門を完了できた志願者のみ、ADAPT資格を得て、提携パルクール講師になることができます。

ADAPT資格試験に合格することは、パルクールのコーチ及びに実践者の両方として、身体的、精神的にある段階にまで卓越したこと意味します。これは一つの試験や数時間の試験で分かるようなことではありません。ADAPT資格試験は大抵3,4日続き、体力試験、技術試験、及びに実際に教える試験から成っています。

訳注
1:国民職業資格:National Vocational Qualificationのことで、イギリスの職業国家資格のようなものです。
2:Disciplineという単語には鍛錬、訓練といった意味がありますが、分かりやすくトレーニングと訳しました。

続き→A.D.A.P.T資格とは?(その2)
  1. 2011/03/05(土) 14:31:44|
  2. A.D.A.P.Tとは?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

このブログについて

Mit

Author:Mit
Mitの成長録では、パルクールをやる人への少しでも役に立つ情報と、自身の成長録、個人的な旅行記、思ったことなどを書いています。
English
管理人プロフィール
gmail1.png


Sapporo Parkour Post 札幌のパルクール情報総合サイト

おすすめ記事

最新記事

カテゴリ

プロフィール (2)
日記 (48)
パルクール日記 (25)
パルクールとは (2)
個人・チーム動画 (35)
PKRoll (1)
Precision (1)
Wall Run (1)
UnderBar (1)
基礎トレーニング (16)
動画・チーム紹介 (20)
パルクールサイト (2)
パルクール映画 (3)
パルクールゲーム (5)
パルクール番組 (3)
パルクールグッズ (5)
パルクールニュース (4)
パルクール本・雑誌 (2)
パルクールマップ (2)
コラム (23)
告知・イベント紹介 (71)
教室・ワークショップ (3)
練習会 (59)
知っておくべきこと (9)
A.D.A.P.Tとは? (3)
音楽 (13)
音楽動画 (1)
クラリネット (2)
ヴァイオリン (7)
テニス (1)
ブレイクダンス (1)
旅行記 (3)
ジャグリング (1)
English (1)
未分類 (0)

RSS

Googleでこのブログを検索する

Web検索 ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

お問い合わせ

ご意見、ご感想、質問などがありましたら気軽にこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。