スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カナダでの音楽生活はこのようにして始まった

6ヶ月間ともに過ごしたヴァイオリン、Alegria。出会ったのは1月です。過去の話をですます調で語るとどうも気持ち悪くなってしまうので物語調でいきます。


留学の際、ヴァイオリンを持っていくかどうかは大きな選択だった。長年やってきた楽器を一年丸々弾かないのはどうなのか、向こうで印象的にも色々と良いのでは、と色々考えたのだが結果的に荷物になりすぎるという理由で持っていかないことになった。最初の数カ月は色々と言語や学校のことで忙しく、とくにバイオリンのことは頭の中にはなかった。

1月、留学の半分程が過ぎたころ。ある雪の日にホストマザーと散歩に出かけた。寒いのに散歩に行く理由が見えず、全く乗り気ではなかったのを覚えているが、あまり外出もしていなかったためついて行くことにした。全てが、この雪の日に、始まった。

散歩を終えて散歩道から車のほうに戻る際、他の散歩組と出会った。この町は人口9000人の小さな町のため道行く人は皆知り合いのようなもの。井戸端会議のように道端で会話が始まる。歩いてきたのは女性の二人組で、そのうち一人はTJと名乗る女性だった。会話の途中にホストマザーがあることを聞いた。まだバイオリンをやっているの?と。TJと名乗る女性は4年ほど前からバイオリンを始めたらしい。いわゆる大人からバイオリンをやり始めた人のようだった。話が進み、ホストマザーが私もバイオリンを弾く、しかし手持ちのバイオリンはないからその時は弾いていないと紹介した。するとTJが言った。バイオリンが弾けるのならオーケストラに入りなさい!私の家に弾き手がいなくなって使われなくなったバイオリンが一丁あるから、と。その瞬間から、私のカナダでの音楽人生は、始まった。

翌週の火曜日、週に一回のオーケストラの練習に初参加した。TJ曰くクリスマス公演を終えたばかりだから新しい曲の練習に丁度入ったところだそうだ。地域オーケストラという響きから私は少し緊張していた。のだめで見るようなオーケストラを想像し、自分の技術で入れるのかと心配だった。その時、私は人口9000人のカナダの田舎町にいるという事実を完全に忘れていた。練習場所の小学校の体育館につき、ドアを開けて入って最初に思ったことがある。若い人が、見あたらない。コントラバスの男性はどう見ても80代だった。レベルだとか技術だとか、そういうのは全て杞憂だったと気が付いた。楽譜をその場でもらい、完全に初見で合わせる。第二バイオリンの楽譜だったため初見でもほぼ問題なく弾けた。ただ弾いてる途中に妙に気になることがあった。他の第二バイオリンの音が全く聞こえてこない。決して私の音が大きいわけでもなく、大きな音が出せるバイオリンを使ってるわけでもないのに聞こえてこない。後ろに5~6人いるのに聞こえない理由は一つしかなかった。弾けてないからだ。

初練習を終え、分かったことがいくつもあった。まず、オーケストラ、とくに弦楽器組のレベルは全体的に見て高くない。学生でオーケストラに参加しているのは、ざっと見て3人程度。私のバイオリン技術は上から3番目くらいだということ。コンサートマスターと、バイオリン教師の二人は素晴らしい技術を持っていた。こうして初練習も無事に終わり、コンサートまでずっと第二バイオリンを私が引っ張り上げていく形となった。


以上のような感じでAlegriaと出会い、6か月ほど過ごしました。AlegriaはTJのバイオリンですからもう二度と弾くことはありませんが、おかげで色々な経験ができて楽しかったです。以下写真たちです。
DSC06094.jpg

DSC06089.jpg

DSC06095.jpg

DSC06087.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/06/29(月) 19:00:00|
  2. ヴァイオリン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Mitの音楽動画~チャルダッシュ&クラリネット~

チャルダッシュ
先日21日の日曜日にリサイタルでチャルダッシュを弾きました。そのとき動画をYoutubeに上げてみたので載せておきます。チャルダッシュのテンポは本来ここまでは速くないのですが、どうしても速く弾きたくなってしまったので勝手にテンポを上げました。少しピアノとテンポがあってないところもありますが、個人的にはこれで満足できたので良かったです。


クラリネット締めくくり
2月から始めたクラリネットとの生活が25日木曜日の卒業式での演奏を最後についに終わってしまいました。自分でも驚くほど吹けるようになり、本当に楽しかった。そんな143日間のクラリネットとの生活に感謝をこめて、この動画を作りました。
  1. 2009/06/28(日) 01:50:08|
  2. 音楽動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

動画「フリーランニング(パルクール)の失敗集」について

最近あまりいいとは言えない方向でものすごい有名になってきている動画があります。その動画は以下の動画、「フリーランニング(パルクール)の失敗集」という動画です。まずは一度見てください。

正しいパルクール、フリーランニングの知識を持っている方はこの動画の8割ほどはそもそもパルクールでもフリーランニングでもない、と分かると思います。どう見ても練習不足の人ばかりです。高さがある場所で100%の自信と数千回以上の連続成功回数がない術を試しているのは一切パルクール、フリーランニングとは呼びません。ただの自殺行為です。また、かの有名なDavid Belleの失敗動画も入っていますが、彼は大きな怪我は全くしていません。

パルクール、フリーランニングは決して危険なスポーツではありません。ただし、正しい知識を持たずにやれば、簡単に死ねるスポーツです。受け身だって不安定な状態で4m程度から落ちて失敗して首を打てば簡単に死ねます。落ちたら大怪我をする高さでやる技は、地上で最低でも連続1000回成功してからやってください。500回に1回失敗する程度ならその術を空でやる資格はないです。ただ屋根の上を跳ぶのかパルクールだと思ってる人、ただ高いところから飛び降りるのがパルクールだと思ってる人、ただとにかく障害物を飛び越えればそれでパルクールだと思ってる人、あなたがやってるのはパルクールではなく自殺行為です。

もしあなたが、パルクールを始めたい、もしくはパルクールをやりはじめたというならば、正しい知識をまず得てください。知らなかったでは済まされません。PKDayに行くなり、ちょっと検索してみるなり、いくらでも方法はあります。このブログだけでも最低限知っておかなければいけないことはすでにほとんど書いてあるはずです。上の動画を見れば分かったと思いますが、下手に知識も持たずパルクールを"マネ"されるとああなります。死にたくなかったら、怪我したくなかったら、楽しくパルクールをやりたいなら、知識を得てください。

最後に。パルクール、フリーランニングは決して危険なスポーツではありません。
  1. 2009/06/24(水) 14:03:13|
  2. 知っておくべきこと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

SpringConcert2009

6月はコンサートがたくさんあります。日本と違って欧米では6月で学校が終わるせいかもしれません。

オーケストラコンサートツアーついに終了
さて、2-4日にはオーケストラのコンサートツアーがありました。初日二日はあまり納得のいかない結果になってしまいましたが、一番大事な最終日、アメリカでの公演では大きなホールで観客も400人ほどいましたし、ミスもほぼなしで大成功といえるでしょう。Irish Legendを弾き終わった直後の拍手喝采には感動しました。曲たちについては以下の記事からどうぞ。

→Borderland Community Orchestra 2009を読む

新聞掲載
ちゃっかり新聞に載せていただきました。初日のときにカメラマンがいたのでそれでしょう。右端にいる一人だけアジア人っぽいのが私です。
DSC06100.jpg

SpringConcert2009
10日水曜日に行われた高校のバンドのコンサート。バンドといってもロックバンドではなく吹奏楽です。Senior, Intermediate, Juniorの三つがありますが私が所属しているのはIntermediateです。悲しいことにパンフレットに名前が載っていませんでしたがきっと留学生で載せ忘れたのでしょう・・・
さて、今回演奏したのは以下の2曲と先日のMusic FestivalよりLet it beをもう一度。新しい二曲ではどちらも第一クラリネットをまかされソロもいくつかありましたので非常に大変でした。

→Music Festivalの成功を称えてを読む





今更気がつきましたがそういえばどちらもディズニー音楽ですね・・・
  1. 2009/06/22(月) 19:00:00|
  2. クラリネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バックパッカーを目標に。タイ旅行記

backpacker.jpg

このブログの記事の一分野として、旅を追加しようと思います。これも趣味の一つですから。実は、私はバックパッカーになって世界中のいろいろな地域を旅してまわる、という固い決心をしており、お金と時間が見つかり次第旅に出ようと思っています。これはかつて出会った師匠(勝手に呼んでます)の影響が非常に大きく、今ではゆるぎない決心となっています。

今までに「旅」をしたことのある国は、U.S.A, Canada, Australia, Thailandの四カ国。EnglandとFranceは幼すぎて記憶がないのでカウントしません。

さて、先日ふと昨年春のThailandの際のの紀行を発見したので載せようかと思います。今回は以前の私が書いた紀行なので、いったい文には手を加えないで載せることにしました。とんでもない長さになったため、今回は久しぶりに続きを読む設定でお送りします。旅に興味のない方はここらへんでページを閉じてしまってかまわないですよ。
  1. 2009/06/19(金) 19:00:00|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

札幌でパルクール練習会を7月に開きます。

Mitです。7月中にパルクールの練習会(オフ会、PKDay)を札幌で開きます。日時、場所ともにまだ未定ですが、参加希望!、興味がある・・・、ちょっとのぞいてみたい、パルクールって何さ?、と熟練者から超初心者まで関係なく一度一緒に集まって練習しませんか?人数が集まれば人目も気になりませんよ!
Hello. I'm thinking to hold parkour jam(session) in Sapporo in July, which is next month. Date, place, or who is coming, etc... are not decided at all yet. But I would like to hold parkour jam in July so if you are reading this article and thinking you can join it, please leave your comment or send email to the email address shown at the bottom of this article. I guess there will be another parkour jam around July 27-29th too. Thanks.

参加希望の方は日程調整の件も含め、こちらの記事にコメントまたは以下のアドレスにメールを送って頂けると助かります。なお、連絡は必須ではありませんので、ぶらりと当日に来て頂いても結構です。

また、それとは別になるかもしれませんが、27日(月)、29日(水)あたりにも練習会を開こうと思っていますので、そちらに参加できるというかたも連絡頂けると助かります。
では。
gmail1.png

  1. 2009/06/17(水) 13:33:01|
  2. 練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

3RUN INDIA 2009

たまには外国の動画も載せようと思います。UKより3RUN。UKにはParkourGeneraionsや3RUNなどのトップレベルチームがあっていいですね。3RUNはパルクールではなくトリッキングばかりですけど。UFは個人的には好きではありません。懲りずにフリーランニングの大会を続けてるようですしもう失望しました。

さて、動画はこちら。


正直な感想なんですが、3RUNはやっぱすごいなぁ・・・っていうのよりも0:17-0:32のところで交通法も何もなさそうなのに交通事故が起こらないのがすごいなぁ・・・と思ったり1:15のところでちゃっかりインド人二人が何もできないけど一緒にピョンピョンしてるのを見てほほえましいなあと思ったり4:30のところでハードロックカフェの工事っぽいのをしてるからこれからここも発展するんだろうなあ・・・とか最後の空港で当たり前のようにノーハンドウィンドとかMAX(ジョーダン?)やっててやっぱトリッキング系はブレイキンうまいなぁって思ったりしました。
  1. 2009/06/16(火) 12:57:02|
  2. 動画・チーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

English in this blog

Hello.
I was wondering if any reader of this blog can't read Japanese and would like me to write in English or not. I'm sorry for people who can't understand Japanese, but I won't write any article in English except for some entries like this one. But don't be sad. When I finally can hold parkour jam or session or PK Day or Meetup or whatever it's called in Sapporo, I will write those articles in both Japanese and English to let you know:) I've heard parkour jam often becomes international and I really like that so I would like to practice with you guys:) Hope somebody is reading this article.

Thanks. Keep practicing!
  1. 2009/06/16(火) 08:26:16|
  2. English
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WallRunとバスケットボール

618765_51272256.jpg

トレーサーには誰にも目標があると思いますが、私の今年の目標は年明けまでに3m50cmのWallRunを達成することです。何が何でもこの目標だけは達成したい。

3mのWallRun
そんな私にとってのWallRunですが、まだまだ3m50cmまでの道は遠くとも当初の目標であった3mを達成できるようになりました。以前からチャレンジしていたのは体育館の壁からバスケットのリングを支えている円筒形の鉄パイプ。バスケットのリングよりも数cmだけ低いこの鉄パイプはリングの高さが305cmですからちょうど3mというところです。そのパイプにずっとWallRunを繰り返していたのですが、とうとう楽にできるようになりました。そもそも3mのWallRunはそれほど難しくないのですが、壁がほとんど噛まない上にシューズは2年以上使って底がズルズルで穴も開きかけているテニスシューズ。グリップ力は0に等しいです。それでも3mできるようになったため、新しい靴を買ってもう少し噛む壁でやればもう10cmはいけるんじゃないかと思っています。練習あるのみ。

ジャンプ力
ところで、ジャンプ力についてですが、以前からバスケリングに手が届く程度のジャンプ力が欲しいと思っているのですが、まだ10cmほど足りなくて上から一つ目の結び目までしか届きません。ジャンプ力があがるとWallRunの高さもあがるのでこちらのトレーニングも大事だと思っています。ジャンプ力UPのトレーニングの王道はJUMP ATTACKという本です。バスケ用の本ですがパルクールにも応用できるはず。
  1. 2009/06/15(月) 19:00:00|
  2. パルクール日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パルクール鬼ごっこについて少し考えてみた

パルクールで鬼ごっこ、って話題をときどき耳にしますね。小学生の時に遊びまくった鬼ごっこ。普通じゃ通れない道を通るので白熱した鬼ごっこができるのがパルクール鬼ごっこの魅力です。少し考えたことをまとめてみます。

パルクール鬼ごっことは

基本的に鬼ごっこと同じで良いんじゃないでしょうか。パルクールの技術が加わるだけ。タッチ毎に鬼が変わるタイプか、どんどんタッチするごとに増えていくタイプ、あるいはタッチされると凍って他の人に助けられるまで待つのもいいですね。競技としてではなく、あくまでトレーニングの延長と少しの遊び心みたいな感じでやると楽しいでしょう。

パルクール鬼ごっこの魅力

何より、通常の鬼ごっこは基本「走る」、「かわす」という選択肢しかありませんが、パルクール鬼ごっこになると「Vault」、「Wallrun」、「Precision」といった技術により非常に面白みが出てきます。
Vaultでいうと、SpeedVaultやSlideMonkeyなどが得意な人と苦手な人に速さの差が生まれます。
Wallrunの高さによっては鬼が登れないところに一時的に逃げることもできます。
Precitionでは、跳べる距離によって行ける場所が変わってきます。鬼が止まらざるを得なくなったり。
また、パルクール鬼ごっこは瞬間的な洞察力、判断力などを鍛えるのに非常に良いと思います。

パルクール鬼ごっこの危険性

パルクール鬼ごっこをすると、どうしても追いつかれないようにと熱中してしまい、少し注意力や洞察力などが落ちる可能性があります。よっていつものVaultやPrecisionに誤差が生じ、予期せぬ怪我の原因になる可能性もあります。ただの鬼ごっこでさえ無理したくなりますからね。

Mit流パルクール鬼ごっこルール

パルクール鬼ごっこはその魅力も大きいですが危険性も大きいです。ルールとして、
1.安全第一
2.鬼から逃げることよりも技にちゃんと集中する
3.鬼の技術の範囲外のところに一定時間以上滞在しない
4.鬼ごっこのエリアを決める
5.通行人にもしっかり気をつける
といったところでしょうかね。

さて、動画です。Youtubeにmit parkourで検索すると出てきたので見つけました。ドイツ人二人組。結構見ていて面白いです。技が安定してますね。


誰か一緒にいつかパルクール鬼ごっこやりましょう。てかやらせてください。札幌モエレ沼公園あたりで。
  1. 2009/06/12(金) 19:00:00|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

結局パルクールウェアとはどんなものなのか

clothes.jpg
パルクールの服装について

パルクールに一番適した服装というのは、正直言って決まってない気がします。服にクッションを求める人はさすがにいないと思いますし、必要なのは動きやすさと伸縮性、あとは乾きやすさなどだと思います。
長袖、半袖、短パン、長ズボン、スーツ、などいろいろありますが、結局どれが一番いいのか少し考えてみました。

袖の長さ

袖の長さって、そこまでパルクールに関係あるでしょうか。長袖だと半袖に比べてほんの少し動きにくい、という問題があるかもしれませんが、それは伸縮性のある長袖を着ればいいと問題ない思います。ただし、PKRollがDavid Roll派の人は腕が地面ぶつかりますから、長袖のほうがいいかもしれませんね。

裾の長さ

これは重要だと思います。個人的な意見からいうと、長ズボンのほうがいいかと。理由は簡単で、受身のときに半ズボンだと足の皮膚がすれたりすると思うんですね。アスファルトに直接足の皮膚があたるってあまり気分のいいものではないです。土とか砂利などがくっついてくることもありますし。特に裾が引っかかる、ということはないと思うのでその点については考慮しません。

服の生地

これが一番気になるところなんですが、正直言ってわかりません。ユーロウさんのブログではYAMAKASIはスウェットを着ていた、以前書いてありました。でも結局は伸縮性がいくらかあって、かつ動きやすく、汗なども乾きやすい、といった生地がベストでは。加えて、地面に対する耐久性も少し考えたほうがいいかもしれません。そう考えるとジャージとか少し懸念してしまいますね。やはりパルクールにはスウェット又は一般的なスポーツウェアがいいんじゃないでしょうか。



これが一番大事。靴選びはパルクールの質を左右するといっても過言ではないかと。ただこの件についてはまた今度書こうと思います。とりあえず皮靴、学生靴などの全くクッション性がないようなのでは絶対にトレーニングしなようにしましょう。動画をとるなら別ですけど。

その他アクセサリー

パルクールするときって基本時計、ネックレス、ブレスレット、その他アクセサリーは基本全部はずしたほうがいいかと。間違って地面に打てばすべてすぐ壊れてしまうでしょうし、アクセサリーは体と違っていきなり予想できない動きをして邪魔になる可能性もあるので、基本的にないほうがよいかと。

ただし、リストバンドだけはアリだと思います。リストバンドは壁の角から手を守ったり、汗をすぐに拭けたり、と利点が多く、つけても動かないし邪魔になりません。私もリストバンド愛用者ですし、リストバンドは好きな人は使うといいのでは。

なお、もし両手首に真っ赤なリストバンドをしている学生トレイサーを見つけたらそれは間違いなく私、Mitなので気軽に声をかけてみてください。
  1. 2009/06/08(月) 19:00:00|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

全仏オープン2009~ベスト16~

帰国日が近づいてきたせいかMitはテニス部を続けるの?とかパルクール部作るの?とかいう声が聞くようになったのでテニス記事を一つ投稿しておきます。テニス部を続けるかはわかりませんがテニスを辞めるきはありません。またパルクール部を作る気もありません。そこらへんのことについてはまた今度記事を書きます。

ベスト16
さて、全仏オープンが盛り上がってきました。現在ベスト16のナダル(スペイン)VSソデルリング(スウェーデン)をカナダのスポーツチャンネルTSNでしっかり見ていますが、ナダルが負けそうな勢いで少し心配です。とくに応援している選手がいるわけではないのですが、やはりナダルVSフェデラーの決勝が個人的には一番みたいので。

第四シード惜しくも敗退
今回の全仏オープン、なんと第四シードのジョコビッチが早くも三回戦でドイツのコールシュライバー相手に敗退。コールシュライバーは第29シード。聞いたことない名前です。ジョコビッチと言えば先日のマドリード・オープン準決勝でナダルとの素晴らしい試合を見せてくれたのですが、全仏オープンではその力を発揮できなかったようですね。

これからの試合がどう進んでいくか、楽しみです。ちなみに大会の全ドローは以下で見れます。
http://news.tennis365.net/news/feature/RolandGarros/draws_singles_men.html

こちらは先日のマドリッド・オープン準決勝ナダルVSジョコビッチより最後のタイブレーク。素晴らしい試合でした。こちらのチャンネルで全試合分が見れます。


たった今ナダルVSソデルリングの試合が終わりました!勝者はソデルリング!ナダルがまさかのベスト16敗退!世界王者ここに散る・・・全仏オープン2009予想が全くつかない展開です!
  1. 2009/06/01(月) 01:05:21|
  2. テニス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

このブログについて

Mit

Author:Mit
Mitの成長録では、パルクールをやる人への少しでも役に立つ情報と、自身の成長録、個人的な旅行記、思ったことなどを書いています。
English
管理人プロフィール
gmail1.png


Sapporo Parkour Post 札幌のパルクール情報総合サイト

おすすめ記事

最新記事

カテゴリ

プロフィール (2)
日記 (48)
パルクール日記 (25)
パルクールとは (2)
個人・チーム動画 (35)
PKRoll (1)
Precision (1)
Wall Run (1)
UnderBar (1)
基礎トレーニング (16)
動画・チーム紹介 (20)
パルクールサイト (2)
パルクール映画 (3)
パルクールゲーム (5)
パルクール番組 (3)
パルクールグッズ (5)
パルクールニュース (4)
パルクール本・雑誌 (2)
パルクールマップ (2)
コラム (23)
告知・イベント紹介 (71)
教室・ワークショップ (3)
練習会 (59)
知っておくべきこと (9)
A.D.A.P.Tとは? (3)
音楽 (13)
音楽動画 (1)
クラリネット (2)
ヴァイオリン (7)
テニス (1)
ブレイクダンス (1)
旅行記 (3)
ジャグリング (1)
English (1)
未分類 (0)

RSS

Googleでこのブログを検索する

Web検索 ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

お問い合わせ

ご意見、ご感想、質問などがありましたら気軽にこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。