スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

JINチームロゴ完成!

JINロゴ

JINのチームロゴがほぼ決定しました。色付けしてくれたまーくんに感謝!
スポンサーサイト
  1. 2009/12/28(月) 21:18:21|
  2. 個人・チーム動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Rendezvous 4 & CHASE ARMITAGE 2009

立て続けにすごい動画が2本出ました。PKGenerationsのランデブー4初日の動画と3RunのChaseのプロモ。それにしてもやっぱりGenerationsの強さは信じられない。



  1. 2009/12/25(金) 00:08:50|
  2. 動画・チーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

パルクールサンタ2009

クリスマスといえば、パルクールサンタ。JIN7人全員集合で大通り公園で跳んできました。ちなみにサンタは一切出てきません。原因はサンタコスチュームを買ってこなかった私のせいかもしれません。

  1. 2009/12/21(月) 10:05:45|
  2. 個人・チーム動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

握力

数ヶ月前に学校の体力テストで握力を測りました。そのとき、握力は左右ちょうど44kgずつ。それからリハビリを初めて、それなりの日数が経ち、昨日病院で握力を測らされたところ右が44→50、左が44→48.6と、わずかですが上がってました。握力があると、色々な場面で応用できます。技術的には難しかったりすることも、握力で少しねじふせたりできます。ある程度の握力を最低限身につけておくと、役に立つが必ず来ます。とりあえず冬休み中の目標は、左右とも55kg。
  1. 2009/12/18(金) 19:24:30|
  2. パルクール日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬は屋内トレーニング

冬は夏と違って、外で自由に跳んだり跳ねたりすることができないので、代わりに屋内でトレーニングを行う必要があります。外だと長時間やっていたら身体も冷えてしまいますが、家の中でやれば好きなだけ自由にやることができます。寒いからと言って、トレーニングをサボる口実にはできません。

まずはプレシジョン。外でも、タイルの継ぎ目とか、地面の模様などに合わせてプレシジョンの練習をしますが、家でもこれはできます。タオルでも、ヒモでも、なんでもいいので、踏んでも大丈夫で、目印になるものを床におけば、いくらでもプレシジョンの練習ができます。床のタイルの継ぎ目とかでも大丈夫です。レールプレシジョンやギャップのプレシジョンと違って、仮想プレシジョンは失敗しても怪我をする恐れがほとんどないので、安全に自分の限界を確かめることができます。

ジャンプ系のトレーニングにはただのプレシジョン以外にも色々と種類があります。階段があれば、数段跳ばしで往復することもできますし、純粋な垂直飛びのトレーニングで、できるだけスピーディーのその場で真上に跳んで着地してを繰り返すというものもあります。

冬は、外にいると忘れがちなあまり動かないトレーニングを沢山やるといいです。ウォームアップとクールダウンも忘れずに。家の中でも、数時間のトレーニングは組めるものです。
  1. 2009/12/14(月) 19:55:27|
  2. 基礎トレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

記事の信憑性

CropperCapture[17]Thumbnail
ふと思ったのでひとつ。

私はこのブログに去年からずいぶんと沢山の記事を書いてきました。昔は音楽系の記事が多かったですが、最近はパルクール系の記事がほとんどとなっています。それら記事の中には、練習会のレポートやコラムなどもあれば、身体の仕組みやら音楽のことやらを説明している記事も沢山あります。一つ言っておきたいことは、それは正しいかもしれないし、間違っているかもしれないということです。

例えば、昔書いたこのパルクールについての記事と、先日書いたパルクールの歴史という記事の中でのパルクールの説明は、ずいぶん違うものになっています。個人的には、昔のよりも新しい記事のほうがずっと正しいと感じており、正直昔の記事は削除してもいいレベルかと思っています。今は記事を書く前に色々と調べたりしますが、昔はそのまま書いていたことが多いですから。勘違いや間違った知識だって少なからずあると思います。ですから、このブログに書いてあることを、全てただ鵜呑みにはせず、本当に正しいかどうかは自分で考えてください。

このブログは、あくまで私の考えや知識、経験を書いている場ということを、ここに明言しておきます。

さて、そろそろブログがごちゃごちゃになってきたので、カテゴリー周辺を整理します。終わるまでは、もしかしたら変なところに記事があるかもしれません。
  1. 2009/12/11(金) 21:05:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

可動域

関節には可動域というものがあります。それぞれの関節をどれくらい曲げたり反ったりできるかは人それぞれですが、どの関節も必ず限界というものがあります。どこぞのゴム人間とかは例外ですが。

手首の可動域が広いと、手首を甲側や掌側に深く曲げられます。逆に可動域がせまいと、あまり深く曲げられず、使い勝手が悪くなります。

可動域が狭くても日常生活ではあまり不自由しませんが、運動をすると問題が見えてきます。自分がやっている動きで、どこの関節をどんなふうに使っているのかを考えることは、実際の練習と同じくらい大事です。
  1. 2009/12/11(金) 16:26:07|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Sapporo Parkour Jam Dec6:後記

昨日のSapporo Parkour Jam Dec6は無事大成功しました。人数は4人といつもより少なめでしたが、今までで一番濃いといっても過言じゃない練習会だったかもしれません。冬の練習会は、Vaultなどの動きの練習はやらないので比較的短いですが、その分モンキーウォークや筋トレ、上半身のトレーニングなどに多くの時間を割くようにしてます。

今回の練習会で分かった良い点
・あらかじめ一通りのメニューを立てて順番通りにやるとスムーズに進行できる
・トレーニング中に手袋、軍手があるとかなり役に立つ
・ぶら下がれる場所があるとできることの量が格段に増える
・一通りメニューが終わって時間が余っていたら自由にやったほうが楽しく、グダグダにもならない

今回の練習会で分かった改善点
・集合場所が分かりにくい。もっと目立つ場所にしたほうがベター
・冬は公園のトイレが閉鎖されている可能性がある。期待していると大変なことになる
・雪でレールがすべってつかみにくい、のりにくい。最初にちゃんと確認するか、拭く必要あり。
・自由にしても皆でクールダウンを最後にやるべき

とまあ、色々と収穫が多かった練習会でした。次回の練習会は1月です。詳細は後日。

なお、天竜よろず屋さんのほうにレポートがあります。
  1. 2009/12/07(月) 19:00:28|
  2. パルクール日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Sapporo Parkour Jam Dec6:再告知

一応再告知。

12月6日日曜日に札幌コンベンションセンター裏さっぽろ大地公園で練習会を行います。

Sapporo Parkour Jam Dec6
集合場所:地下鉄東札幌駅一番出口前
集合日時:2009年12月6日(日)13:00-16:00

Next Sapporo Parkour Jam will be held in Sapporo Daichi Koen on December 6th.
Location: Higashi Sapporo Subway Station Gate 1
Date: December 6th 1:00 pm - 4:00 pm



非常に気温が低いことが予想されるので、動きやすくて温かい格好をしてきてください。動きの練習はやらずに、2、3時間基礎トレをやります。雪が積もっている可能性もあるので、濡れても大丈夫な手袋なども各自用意してください。着替え、タオルなども持ってくるのをお勧めします。
  1. 2009/12/05(土) 19:07:29|
  2. 練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイッチヒッター

CropperCapture[16]


先日、こんなコラムを読みました。

野球にはスイッチヒッターという言葉があります。右でも左でもどちらでも打てるバッターのことです。相手に応じて臨機応変に左右を変えることができるので、大きな強みになります。パイロットは、左右の操縦士席と副操縦士席の両方に座れなければいけないので、いわば全員スイッチヒッターといえるでしょう。

パルクールもそうです。よく言われていることですが、利き手や利き足でのトレーニングばかりをしていると、逆足での動きが鈍くなります。そうなると、綺麗なFlowは組めなくなります。あなたの勝手で、障害物は左右の向きを変えてはくれませんから。両手両足全部トレーニングするのがパルクールです。逆向きの受け身も、ちゃんとやりましょう。
  1. 2009/12/04(金) 18:22:21|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

このブログについて

Mit

Author:Mit
Mitの成長録では、パルクールをやる人への少しでも役に立つ情報と、自身の成長録、個人的な旅行記、思ったことなどを書いています。
English
管理人プロフィール
gmail1.png


Sapporo Parkour Post 札幌のパルクール情報総合サイト

おすすめ記事

最新記事

カテゴリ

プロフィール (2)
日記 (48)
パルクール日記 (25)
パルクールとは (2)
個人・チーム動画 (35)
PKRoll (1)
Precision (1)
Wall Run (1)
UnderBar (1)
基礎トレーニング (16)
動画・チーム紹介 (20)
パルクールサイト (2)
パルクール映画 (3)
パルクールゲーム (5)
パルクール番組 (3)
パルクールグッズ (5)
パルクールニュース (4)
パルクール本・雑誌 (2)
パルクールマップ (2)
コラム (23)
告知・イベント紹介 (71)
教室・ワークショップ (3)
練習会 (59)
知っておくべきこと (9)
A.D.A.P.Tとは? (3)
音楽 (13)
音楽動画 (1)
クラリネット (2)
ヴァイオリン (7)
テニス (1)
ブレイクダンス (1)
旅行記 (3)
ジャグリング (1)
English (1)
未分類 (0)

RSS

Googleでこのブログを検索する

Web検索 ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

お問い合わせ

ご意見、ご感想、質問などがありましたら気軽にこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。