スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

腕は体重を支えるようにはなっていない。

リハビリの先生に言われた言葉です(一部勝手に解釈)。


「 人間の腕は脚とは違って、もともと体重を支えられるようにはなっていない。だからぶら下がったり逆立ちをしたりするんなら、やっぱり体操選手みたいに筋肉モリモリになってたほうがいい。特に筋肉がなくてもどうってことはないけど、予期せぬ事態、アクシデントが起きた時に筋肉があれば支えられる。でもなかったら支えられない。例えばYAMAKASIがビルを登ってるときに腕の筋肉が疲れて登れなくなって落ちたりでもしたら、死ぬ。 」


人間はもともと生物学的にみても腕で体重を支えるような動物ではないはずです。そんな中突然細い腕で全体重を支えようとすれば、普通に考えれば支えきれず落下します。子供のころは体重が軽いので皆うんていで遊べましたが、大人になってからはほとんどの人はまともにうんていなんてできないでしょう。ましてや懸垂なんて、たったの5回すらできない人ばかりです。

そんな一般人が、壁を登り、ぶらさがるようなスポーツをする以上、特別な筋肉が必要になってくるのは言うまでもありません。筋肉がなくてもパルクールはできます。でもパルクールをやる上で何よりも大事なことの一つは、安全第一。筋肉が大してついていないのに対応できないレベルの動きをするのは、安全とは言えないでしょう。

昔、モンキーウォークは、実際何のためのトレーニングだろうと思っていました。今でも明確にこれだ!といえる答えは見つかっていません。決めた場所まであきらめずに進むという精神力のトレーニングでもあるし、使っていない身体の部分を全面的に使い、その動きに慣れさせるトレーニングでもあるでしょう。

そんな中、この腕の負荷について考えていたとき、これこそがモンキーウォークの大きな役目なんじゃないかという結論に達しました。モンキーウォークを初めて練習会などでやった人は分かると思いますが、ありえないくらい疲れます。ほんの数10mしか進んでないのに、こんなにヘトヘトになるの?っていうくらい疲れます。でもよくよく考えてみれば、これは簡単なこと。今までは「腕」という前足を使って歩いたことがなかった人が歩こうとしているんだから、言ってみれば初めて立った赤ちゃんのようなものです。最初からスラスラできないのは当然。左右の順番に戸惑うのも当然。今までやってこなかったんですから。

そんなモンキーウォークも、何十回も何百回もやっていくうちに、疲れにくくなります。正確に言うと、疲れるけど、その疲れ方に慣れる、適応する、と言った方が正しいかもしれません。こういう状態にきてやっと、腕で体重を支え始めた、といえるんじゃないでしょうか。

壁を登ったり、ぶら下がったりする以上、まずは腕で体重を支えるという行為を、当然のようにできるようになるのが、アスリートというよりも、一動物としての妥当な手順ではないでしょうか。クライムアップに悩む前に、どれくらい自分の腕が体重を支えられるのか、考えてみるといいかもしれません。

スポンサーサイト
  1. 2010/02/24(水) 22:07:25|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ケガと知識

CropperCapture[27]Thumbnail

先日、スノーボードのジャンプに失敗して、右肘の靭帯を痛めてしまいました。骨にも靭帯にも大きな問題はなく、ちょっと痛めた程度ですが、それだけでも一切右腕の筋トレができなくなってしまいます。

今まで、いろんな本を読んで、身体の仕組みとか、応急処置だとか、筋トレの効果だとか、そういうのを自分なりに勉強しました。練習会で怪我をした人が出たときにも対応できるようにしているつもりでした。でも、実際に、自分が怪我をして、自分が何をすればいいか分かっていたにもかかわらず、まともにアイシングもせずに放置していました。なんのために昔アイシングの本を図書館から借りて読んだのか。何のために応急処置の方法を覚えたのか。

今日、言われた言葉があります。知識は持っていても使わなきゃ意味がない。全くその通りです。

怪我からの完全な復帰は、どんなに早くても数日はかかります。たった数日かもしれません。たった一週間かもしれません。でもその一週間で失われた筋肉を取り戻すには、それ以上の日数が必要です。

怪我をしたときに、可能な限りはやく元の状態まで持っていくこと。何をやるべきで、何をやらないべきなのか。これを考えなければ、本当にスポーツをやることはできません。ただ楽しいことしか考えなかったら、それでお終いになってしまいます。
  1. 2010/02/18(木) 20:52:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ADD Academy

最近よくADDAcademyの動画を見ています。YouTubeの彼らのチャンネルにここ一週間ほどで、10本以上の動画がアップされ、なかなか見ごたえのある内容になっています。

最近よく思うことですが、パルクールのトレーニングをしている人たちが、よくパルクールの本質を忘れてしまっているような気がします。どんなトレーニングをするかや、何を求めてパルクールをやるかは人それぞれですが、それでも本来のパルクールの姿を忘れてしまっている、あるいは考えてすらいない人が多い気がします。ただヴォルトの飛距離を上げたり、派手にフリップしたり、高い壁を登ったりするのは、確かにパルクールの結果の産物ではありますが、それは本来の目的ではないんじゃないでしょうか。

ADDAcademyのチャンネルにはYAMAKASIのチョウ、ロラン、ヤンの3人の動画が沢山あります。彼らの動きを見ていると、今の自分に何が足りないのか、痛いほど再認識させられます。

  1. 2010/02/16(火) 20:26:32|
  2. 動画・チーム紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

何を捨て、何を選ぶか。

人が持っている時間はみんな同じです。一日は24時間、一年は365日、これはどんなにお金をかけても、変えることはできません。寿命には人それぞれ数年から数十年の差がありますが、それでも平均してみれば大体の人は同じです。つまり、人がそれぞれ一生に持っている時間はおよそ同じということです。


一方、人が持っている選択肢は、各々によって全く違います。だらだらと一生を過ごすという選択もあれば、自分の決めた夢に向かって進むという選択もできます。たとえどんな道でも、いつでも選択するのは自分です。友達や家族は、自分のために選択はしてくれません。

多趣味、という問題が直面するのが、まさに選択です。パルクールに限らず、最近はジャグリングやXMA棒術に加え、ルービックキューブやスノーボードなども自分はやっています。さらに加えて、受験生としての勉強や私的な読書などやることはたくさんあります。時間は万人に平等です。問題なのは、限られた時間の中で、何を捨てて、何を選ぶか。それを決意できなければ、何も精進など、できません。
  1. 2010/02/02(火) 19:55:27|
  2. コラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

このブログについて

Mit

Author:Mit
Mitの成長録では、パルクールをやる人への少しでも役に立つ情報と、自身の成長録、個人的な旅行記、思ったことなどを書いています。
English
管理人プロフィール
gmail1.png


Sapporo Parkour Post 札幌のパルクール情報総合サイト

おすすめ記事

最新記事

カテゴリ

プロフィール (2)
日記 (48)
パルクール日記 (25)
パルクールとは (2)
個人・チーム動画 (35)
PKRoll (1)
Precision (1)
Wall Run (1)
UnderBar (1)
基礎トレーニング (16)
動画・チーム紹介 (20)
パルクールサイト (2)
パルクール映画 (3)
パルクールゲーム (5)
パルクール番組 (3)
パルクールグッズ (5)
パルクールニュース (4)
パルクール本・雑誌 (2)
パルクールマップ (2)
コラム (23)
告知・イベント紹介 (71)
教室・ワークショップ (3)
練習会 (59)
知っておくべきこと (9)
A.D.A.P.Tとは? (3)
音楽 (13)
音楽動画 (1)
クラリネット (2)
ヴァイオリン (7)
テニス (1)
ブレイクダンス (1)
旅行記 (3)
ジャグリング (1)
English (1)
未分類 (0)

RSS

Googleでこのブログを検索する

Web検索 ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

お問い合わせ

ご意見、ご感想、質問などがありましたら気軽にこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。