スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第2回:トレーサー・フリーランナー向けコンディショニングセミナー【3月29日・東京開催】

こんにちは、Mitです。
今週は歴史的な大雪が降ったせいで、パルクールの練習どころか電車にも乗れない!という人も多かったのではないでしょうか?今回の記事ではSENDAI X TRAINのセミナー②をご紹介します。

以前、こちらの記事「トレーサー向けコンディショニングセミナーのお知らせ【2月8日・東京開催】」でSENDAI X TRAINの開催するコンディショニングセミナーの紹介をしましたが、第2回の開催が決定したとのことです。2月8日に行われた第1回のセミナーには私も参加し、全国から集まったトレーサーと一緒にパルクールを運動生理学の面からしっかりと学んできました。スポーツの専門家と接する機会のあまりない多くのトレーサーにとって、とても新鮮で勉強になる内容だったのではないでしょうか?そのコンディショニングセミナーの第2回が3月29日に再び開催されるとのことです。

※Sendai X Trainとは?
理学療法士と作業療法士という運動と医療のプロ2人がタッグを組み、「運動」の研究や運動能力向上プログラムの開発を行っている稀有な団体です。医療業界出身で知識豊富な講師の指導する運動メソッドは、日本のパルクールの中でも唯一の理論に基づいたトレーニング方法とも言えるでしょう。

以下、詳細です(HPより一部引用)。



第2回 トレイサー&フリーランナー(パルクール&フリーランニング)向け講習会
「コンディショニング②セミナー」

日時: 2014年3月29日(土)13:30~15:30
場所: 東京会場 神田 あすか会議室
参加費: 5500円
申し込み先: ホームページより
http://sendai-x-train.jimdo.com/



①最新の医学的情報を踏まえた情報をお伝えできます。実際に臨床現場で働く運動の専門家(理学療法士・作業療法士)が、パルクール・フリーランニングを検証・研究しています。そのため、最新で、しかも使える情報をお伝えできます。

②パルクール・フリーランニングの為に必要な厳選情報をお伝えできます。「パルクール・フリーランニングの為」に、この団体は立ち上げられました。そのため、不必要な情報は一切排除し、パルクール・フリーランニングを実践する人が必要な情報だけを、厳選しています。

③知識・技術を習得するまでフォローします。私たちは、ただ情報を提供するだけの講習会はしません。シリーズで開催することで、継続して知識・技術を活用できままた、経過を追った指導が出来るため、ここのフォローがされやすくなります。
  
<コンディショニング①②セミナーで学べる事>

 □ 筋トレ以外のトレーニングを学べる。
 □ コンディショニングの具体的な内容を学べる。
 □ ケガを予防する考え方が学べる。
 □ スランプに陥らない考え方が学べる。
 □ 次のステップにいくために何が必要かを考えられる方法を学べる。
 □ 自分の頭の中を整理する方法が学べ

<コンディショニング①②セミナーをお勧めする方>
 □ ハードなトレーニングをしている方
 □ 本気で自分の身体を気にかけている方
 □ 絶対にケガをしたくない方
 □ スランプがある方
 □ 上手くなりたいけど、次に何をしたらいいか分からない方
 □ 人に身体や考え方の点で指導をしたい方

<①と②の違い>

①では、基礎知識・基礎原則などを中心にお話しています。
導入のための概論ですね。また、基礎ですので、万人に共通するような内容になっています。
②では、知識の応用的活用方法、詳細内容。言ってみれば各論になっています。
基礎の上に、個別性を持たせた内容になっています。
また、①セミナーを受けている方は、①で建てた自己管理計画の経過を追いながら、自己評価・修正が出来るようにセミナーを組み立てています。
①と②を使いながら、自己管理を年間通して計画し、実施・修正していけます。

<講師紹介>
今野良紀 28歳
理学療法士。小さいころから野性児のような遊び方をする一方で、モトクロスにのめりこむ。学生時代よりバンド、ダンス、バレーボール、スノーボード、スケートボードなどを行うも、6年間続けたのはバンドとスノーボードだけ。
現在はボルダリングとパルクールを行っていて、ボルダリング「NorthFace Cup 2011」ではコンディショニングセミナー講師を務めるなどの実績を持つ。




注) コンディショニングセミナーに関する質問・問い合わせ等は本ブログでは受け付けておりません。SENDAI X TRAINまで直接お願いします。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/19(水) 21:43:56|
  2. 告知・イベント紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sapporo Parkour Jamのお知らせ【2月16日、屋内】

Sapporo Parkour Jam Feb16
開催場所:アカシア若者活動センター活動室2(屋内)
開催日時:2014年2月16日(日)13:00~16:00
参加費:一人200円(屋内施設の使用料です。予め用意をお願いします。)
参加申し込み:spk_hokudai#yahoo.co.jp(#を@に変えてください)までご連絡ください。



Sapporo Parkour Jamは初心者、経験者を問わずパルクール・フリーランニングに興味がある人は誰でも参加できる練習会です。参加は自由なので、興味がある方は気軽にお越しください。

注意事項
・屋内練習会ですので、施設使用料として200円頂戴します。参加費は無料です。
・交通費や食費などの諸経費は自己負担です。
・怪我には十分気をつけて、自己責任でお願いします。
・貴重品の管理なども自己責任でお願いします。
・羽目をはずさないようにしましょう。
  1. 2014/02/13(木) 01:07:31|
  2. 練習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JINを解散しました。

皆さんにご報告があります。
2014年2月9日をもって、JINを解散しました。

北海道のパルクール史とか、JINの思い出とか、チームの盛衰とか、思い出せる限り書き綴ってみます。パルクールチームで悩んでいる人や、これからチームを作ろうと思っている皆さんの参考にでもなれば幸いです。

2009年10月26日、JINは北海道発のパルクールチームとして結成しました。結成時のメンバーは2009年7月から始まった札幌パルクール練習会の常連、すなわち私を含めた6人でした。その後1名がメンバーとして参入し、7名のチームとして活動していました。高校生6人、大学生1人のチームでした。活動といってもチームとしての目標や活動理念などは全く存在せず、皆でパルクールした方が楽しいし、チームってなんかかっこいいから作ってみよう!という程度の意識でした。
JINというチーム名の由来は、人々の「人」、仁義の「仁」、迅速の「迅」、尽力の「尽」、塵も積もれば山となるの「塵」、そして研ぎ澄まされた刃の「刃」という6つの意味を込めよう!とか話し合った記憶があります。この6つの意味は後付けだった気もしますが。

なお、チームを作ることに関しては、「パルクールチームについて」に書いています。

私を含めJINのメンバーは5人が高校の同期であったため、昼休みや放課後も毎日パルクールに明け暮れていました。パルクールが高校生活の中心であり、JINが札幌のパルクールシーンを創り上げていました。網走のパルクールチーム「天竜よろず屋」が札幌に来るようになってからはチーム間交流も進み、北海道のパルクールシーンは異様なまでの盛り上がりを見せました。パルクールの技術的な側面は私を含め皆あまり上手ではありませんでしたが、それでも当時の有名なトレーサー達に憧れ、動画を見て、仲間達とキツい練習をしていました。

冬になり雪が積もっても練習の勢いは止まらず、膝まで埋まるような雪の中でも練習会を行っていました。しかし逆に一部のメンバー以外はあまり練習しなくなり、JINとして練習することもほとんどなくなっていきました。2009年の冬、フリップの練習のために他のメンバーも体育館には行っていましたが、札幌でまともに外でも動く練習をしていたのは私とTsubasaさんだけだったと思います。実際、この頃の練習会に参加していたメンバーは基本的に私とTsubasaさんと網走の天竜よろず屋のメンバーだけでした。

2009年が終わり、雪が溶けた2010年の春。JINは再びチームとして活動を再開し、初めてチーム動画を作成しました。JIN Spring Activitiesという動画です。しかしチームとしてのまとまった活動はこれを最後に行われなくなり、JINとしての活動というよりは、私が呼びかけると集まる札幌のパルクールコミュニティへとその形をシフトしていきました。私の中では、この時点でJINは終わったと思っています。JINのメンバーはパルクールをしてはいましたが、そこにJINというチーム性はもはやありませんでした。むしろ札幌というコミュニティが発達し、チームという概念がもはや不要になってきていた、といえるでしょう。それから2010年の春から秋まで、札幌のパルクールは2009年以上に盛り上がりを見せ、人口も増えていきました。しかし、ほぼ全員が受験期を迎えた2010年の冬になり、札幌のパルクールシーンは一時的に停止しました。

受験が終わった2011年の春、私とTsubasaさん以外のJINのメンバーはパルクールをあまりしなくなってしまいました。私は2011年4月以降パルクールを続けつつキャンパスライフを送るようになっていましたが、2011年の札幌のパルクールシーンの中心にいたのはもうJINではありません。2010年に新しく札幌のパルクールコミュニティに加わった高校生トレーサー複数名と私、Tsubasaさんが定期的に集まり練習する。それが札幌のパルクールの形になっていました。実はこれがSapporo Parkour Krewの最初の姿でもあります。この頃からJINは完全に形骸化し、HPだけが残っているという形になっていました。

そして2012年2月、私の高校時代からの目標であった「持続するパルクールコミュニティを北海道に創る」の達成のため、
札幌のパルクール指導者を毎年輩出する組織として、Sapporo Parkour Krewを北海道大学に立ち上げました。Sapporo Parkour Krewは何度か課題に直面して消滅の危機を経験しましたが、現在はやっと軌道に乗り、札幌には新しい指導者が育ち、創設者兼初代代表の私は既に代表の座を退いています。2009年からずっと私が毎月開き続けてきた練習会も、今はすべてSapporo Parkour Krewのメンバーが行っています。Sapporo Parkour Krewでの自分の役割を一つ終えることができた今、存在が不明瞭になっているJINにもちゃんと落とし前をつけたい。そう思って、パルクールを続けていた私とTsubasaさんで話し合い正式に解散を決定しました。

JINは間違いなく北海道のパルクールシーンを全力で盛りあげたチームであり、私の青春時代の最高の思い出でもあります。JINがあったから今の北海道のパルクールがあり、Sapporo Parkour Krewがあり、そして私がいます。北海道の一つのパルクール史が終わるというのはとても悲しい気持ちですが、やっとこれで次に進めるという思いもあります。JINは最初から最後までチームらしい活動はできませんでしたが、ホームページで取り上げてもらったり、一緒に練習したりと関係のあったトレーサーの方々には本当に感謝しています。

本当にありがとうございました。JINは日本のパルクール史の中で永遠に生き続けます。

私はこれからパルクールの全国組織を立ち上げます。その件に関しては、今週中にこのブログを通して詳しくお話したいと思います。

JIN結成時からずっと札幌でパルクールを続けているTsubasaさんは、日本全国の中でもトップクラスでストイックに基礎を練習しているトレーサーだと思います。JIN解散の記事ということで、Tsubasaさんのブログと動画を紹介して終わりにしたいと思います。

Tsubasaのブログ



JIN、楽しかったー!
  1. 2014/02/09(日) 18:16:22|
  2. 個人・チーム動画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

このブログについて

Mit

Author:Mit
Mitの成長録では、パルクールをやる人への少しでも役に立つ情報と、自身の成長録、個人的な旅行記、思ったことなどを書いています。
English
管理人プロフィール
gmail1.png


Sapporo Parkour Post 札幌のパルクール情報総合サイト

おすすめ記事

最新記事

カテゴリ

プロフィール (2)
日記 (48)
パルクール日記 (25)
パルクールとは (2)
個人・チーム動画 (35)
PKRoll (1)
Precision (1)
Wall Run (1)
UnderBar (1)
基礎トレーニング (16)
動画・チーム紹介 (20)
パルクールサイト (2)
パルクール映画 (3)
パルクールゲーム (5)
パルクール番組 (3)
パルクールグッズ (5)
パルクールニュース (4)
パルクール本・雑誌 (2)
パルクールマップ (2)
コラム (23)
告知・イベント紹介 (71)
教室・ワークショップ (3)
練習会 (59)
知っておくべきこと (9)
A.D.A.P.Tとは? (3)
音楽 (13)
音楽動画 (1)
クラリネット (2)
ヴァイオリン (7)
テニス (1)
ブレイクダンス (1)
旅行記 (3)
ジャグリング (1)
English (1)
未分類 (0)

RSS

Googleでこのブログを検索する

Web検索 ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

お問い合わせ

ご意見、ご感想、質問などがありましたら気軽にこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。