スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パルクールにおける弊害

パルクールをやっていて、骨折、脱臼などの大きい怪我をしたことはありません。でも、打撲や捻挫、打ち身などの比較的小さな怪我は何度かあります。現在も3箇所で、小さな怪我をしています。なぜ起こったのか。何が足りなかったのか。それを考える必要はあるはずです。

まず、一箇所目は右足の親指第二関節の下。軽い打撲のような状態がずっと続いています。病院に行ったところ一切骨などに問題はないとのことで、自然に治癒するまで放っておくしかないようです。原因はどう考えてもWallRunしかありません。純粋なWallRunのやりすぎか、あるいは私のWallRunのフォームが間違っていて壁に対して蹴りすぎているかのどちらかでしょう。

続いて2箇所目は左脚の脛部分。疲労骨折の初期状態のように一時期なっていました。ちょうど前回の東京遠征の後くらいから症状が出たので、オーバートレーニングだったのかもしれません。2日連続であんなに動いたのも初めてでしたし。こっちは安静にしたおかげでもうほとんど治ってきています。

そして3箇所目は右手親指。これは完全にbail。事前確認と力量がともに不足していた結果です。事前にどこに着地するか、空中でどういう姿勢をとるか、そのようなことを考える前に跳んでしまったために怪我をしました。まだまだトレーニングが足りていなかったのです。

捻挫や打撲は、パルクールをトレーニングする上では誰もが通る道なのではないでしょうか。一切の怪我をしない、というのが一番いいのは事実ですが、少しの怪我をすることによって、初めて見えてくるものもあると思います。とはいえ、トレーニングをする際には怪我には十分注意しましょう。
  1. 2009/09/18(金) 19:00:00|
  2. パルクール日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

同じです

僕も同じような場所を痛めています(そんなに痛くはないですけど・・・)。
僕がよくあるのは、ロールの後半が縦回転になってしまい、背中の下の腰骨を打撲します。
無理なトレーニングは逆効果ですよね。怪我をするとネガティブになってしまいますし。
怪我には、気をつけなくてはいけませんね。
  1. 2009/09/18(金) 21:03:19 |
  2. URL |
  3. 愁三 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mitparkour.blog6.fc2.com/tb.php/124-6bf9dcab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

Mit

Author:Mit
Mitの成長録では、パルクールをやる人への少しでも役に立つ情報と、自身の成長録、個人的な旅行記、思ったことなどを書いています。
English
管理人プロフィール
gmail1.png


Sapporo Parkour Post 札幌のパルクール情報総合サイト

おすすめ記事

最新記事

カテゴリ

プロフィール (2)
日記 (48)
パルクール日記 (25)
パルクールとは (2)
個人・チーム動画 (35)
PKRoll (1)
Precision (1)
Wall Run (1)
UnderBar (1)
基礎トレーニング (16)
動画・チーム紹介 (20)
パルクールサイト (2)
パルクール映画 (3)
パルクールゲーム (5)
パルクール番組 (3)
パルクールグッズ (5)
パルクールニュース (4)
パルクール本・雑誌 (2)
パルクールマップ (2)
コラム (23)
告知・イベント紹介 (71)
教室・ワークショップ (3)
練習会 (59)
知っておくべきこと (9)
A.D.A.P.Tとは? (3)
音楽 (13)
音楽動画 (1)
クラリネット (2)
ヴァイオリン (7)
テニス (1)
ブレイクダンス (1)
旅行記 (3)
ジャグリング (1)
English (1)
未分類 (0)

RSS

Googleでこのブログを検索する

Web検索 ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

お問い合わせ

ご意見、ご感想、質問などがありましたら気軽にこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。