スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プレシジョンをするときに気をつけること

プレシジョンをするときに気をつけていることが大きく分けて3つあります。

DSC07207.jpg

一つ目は、距離を測ること。一般にプレシジョンのときは、まず初めに、自分の立っている場所と、着地する場所を確認します。跳ぶときに一番大事なのは、現時点で自分の跳べる限界の距離を知ること。これよりも遠い距離を無理の跳ぼうとすると怪我をします。しかし、いちいち跳ぶ度にメジャーで距離を・・・なんてやってたら日が暮れてしまいます。そこで自分が使っているのが、歩数で数えるという方法。靴のサイズは、基本的に靴を変えない限りは変わりません。そこで、常に跳ぶとき、跳ぶ場所から着地場所までの歩数を測ります。その歩数を覚えておけば、どんな場所でもこの距離は「技術的には」跳べる、という感覚が持てるようになります。精神面やその日のコンディションで限界の距離は随分変わりますが、それでも技術的な自分の限界を知っておくのは大切なことです。例えば自分の場合、限界距離は9.5~10歩。なので、8歩程度だと分かった場合はそこまで気にせずに跳ぶことができます。このおかげで、随分とイメージなどもつくりやすくなりました。


二つ目は、成功と失敗の「両方」をイメージすること。成功のイメージトレーニングは誰もがやっていることですが、失敗のイメージトレーニングは成功のそれに劣らないくらい大切です。プレシジョンの失敗というと、大きく分けて跳び過ぎたか跳び足りないかのどちらかです。着地場所が角などの平らなプレシジョンの場合、跳び過ぎても問題はありませんが、跳び足りないをひどいことになります。プレシジョンで失敗して脛がザッ・・・なんていうのを見たことがある人も多いのでは?レールプレシジョンの場合、跳び過ぎても跳び足りなくても大変なことになります。滑って向こうに落ちても、手前に落ちても、どちらも痛い。そういうときに、とっさのリカバリーをイメージしてあらかじめ練習しておくと、失敗しても怪我をしないようになります。リカバリーのとり方は人それぞれですが、失敗をイメージして練習することで、怪我を防げるようになるのは間違いないでしょう。


最後ですが一番大事なのが、安全性の確認。トレーサーが登ったり着地したりする手すりや障害物は、もともとは体重を支えるようには作られていないものがほとんど。そのため、長年放置されたようなものだと、欠けていたり腐っていることが多いです。だから、跳ぶ前に、必ず着地地点のレールは乗ったら倒れてしまうほど腐ってないか、ちゃんと固定されているかなどを手で触って調べるようにしています。多くの怪我は、そういった事前の注意で防げることがとても多いです。


以上3つの点を注意してプレシジョンをすると、いつもよりも安全に集中して練習できるようになるんじゃないでしょうか。
  1. 2010/07/11(日) 12:23:21|
  2. Precision
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

お久しぶりです

仕事中ですが昼休み暇になったんで書き込みます。

プレシジョンで自分が意識している事は、前に飛ばない事です。上に飛びます。
ベクトルが前方に向いていることで慣性の法則が働き、止まりにくくなります。

上に飛び、着地時にベクトルが下向きになることで前方への勢いは比較的衰えます。

ふたつめは着地の位置です。足のどの部分で着地するかってことですが、出来れば親指の付け根あたりがいいかと。

それよりも前でも後ろでも、前方、後方への転落時にリカバリーが遅れます。
ってかリカバリーが出来ない可能性が高くなります。

だから着地の足のポイントは大切かと思っています。

あとは目線。

対象物に対しての目線ですが、普通、棒立ちの状態からいきなり飛ぶ人は少ないかと思うわれます。対象に近い位置、低い位置に持っていくことで恐怖心を和らげ、また下肢屈曲での勢いを増加させられます。


…とかなんとか話すのめんどうだな。

膝手術してリハビリしたらば一回北海道行くわ。
  1. 2010/07/15(木) 12:40:51 |
  2. URL |
  3. 侍族 カズヤ #-
  4. [ 編集 ]

Re: お久しぶりです

技術面の話ですね。そちらは長くなるので今回の記事では割愛しました。今回の記事は、心構えだとか準備だとかそういう類の記事にしたかったので。
北海道、是非来てください。待ってます。
  1. 2010/07/15(木) 18:21:40 |
  2. URL |
  3. Mit #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mitparkour.blog6.fc2.com/tb.php/192-74c488ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このブログについて

Mit

Author:Mit
Mitの成長録では、パルクールをやる人への少しでも役に立つ情報と、自身の成長録、個人的な旅行記、思ったことなどを書いています。
English
管理人プロフィール
gmail1.png


Sapporo Parkour Post 札幌のパルクール情報総合サイト

おすすめ記事

最新記事

カテゴリ

プロフィール (2)
日記 (48)
パルクール日記 (25)
パルクールとは (2)
個人・チーム動画 (35)
PKRoll (1)
Precision (1)
Wall Run (1)
UnderBar (1)
基礎トレーニング (16)
動画・チーム紹介 (20)
パルクールサイト (2)
パルクール映画 (3)
パルクールゲーム (5)
パルクール番組 (3)
パルクールグッズ (5)
パルクールニュース (4)
パルクール本・雑誌 (2)
パルクールマップ (2)
コラム (23)
告知・イベント紹介 (71)
教室・ワークショップ (3)
練習会 (59)
知っておくべきこと (9)
A.D.A.P.Tとは? (3)
音楽 (13)
音楽動画 (1)
クラリネット (2)
ヴァイオリン (7)
テニス (1)
ブレイクダンス (1)
旅行記 (3)
ジャグリング (1)
English (1)
未分類 (0)

RSS

Googleでこのブログを検索する

Web検索 ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

お問い合わせ

ご意見、ご感想、質問などがありましたら気軽にこちらにどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。